よくあるご質問

不妊治療やご来院に関してのよくあるご質問を掲載しております。ご来院や諸症状にお悩みの方の手助けとなれば幸いです。

予約制ですか?
できるだけ来院前に予約されますようお願い致します。予約はクリニックの診療時間内にお電話(095-849-5507)でお願いします。 なお初診の方の予約枠は16時30分までとさせていただきます。
駐車場はありますか?
テナントの駐車場は21番と22番です。他テナント駐車場に停められるとトラブルになることがございます。 くれぐれもそのようなことになりませんよう番号をお確かめの上お停めください。 満車のときはJR浦上駅立体駐車場をお使いください。会計時に駐車券を確認させて頂き、200円分の駐車券をお渡しいたします。
診察を受ける予定日が生理期間中にあたりそうです。
がん検診や婦人科検診ご希望の場合は出血の量があまり多くない時の方が望ましいです。 その他の場合は生理期間に診ることのできる事柄もありますので気にせずいつでも受診してください。
男性の医師と女性の医師がいるようですが指名できますか?
はい。医師のご希望があれば初診の時にうかがいます。問診票にお尋ねする欄もあります。 また、どちらのDr.が優しいですか?人気ですか?話をよく聞いてもらえますか?というご質問もよく受けますが、 患者様の人数比は同じくらいで偏りがありません。 人気に特に差はないかと思われます。
乳がん検診も受けられますか?
視触診のみ行っておりますが、できれば乳腺外科など専門のクリニックに行かれることをお勧めしています。
不妊以外の相談もできますか?
一般の婦人科についても もちろん診療しています。更年期・思春期についての治療も行っております。
年齢がいくつになったら不妊治療を開始するべきですか?
世界保健機構による定義は「避妊をしていないのに12ヶ月以上にわたって妊娠に至れない状態」となっています。 しかし迷っている間にも時間が経ち 年齢が上がっていくのですから、とても若いご夫婦は別として、「赤ちゃんがほしい」と思った時にすぐに治療を開始することが望ましいです。
特定不妊治療費の助成制度は受けられますか?
はい。当院は長崎県の指定医療機関です。 詳しいことは長崎県ホームページをご覧ください。
不妊治療費助成 | 長崎県
不妊のカップルって実際どのくらいいるのでしょう?
子供が欲しいと望みながらなかなか子供が出来ない夫婦は10組に1組だといわれています。病院・診療所で不妊治療を受けるカップルも年々増えています。
不妊治療で診察を受けるときはどんな流れになっていますか?
初診では問診を行い、病歴・月経歴などについて質問します。 月経は非常に重要です。 ご自分の月経についてはしっかリ把握しておくことが大事です。 基礎体温表をつけている方はぜひお忘れなくご持参ください。 初診での問診や説明を終え、2回目以後の診察では何が問題なのか・何処に問題があるのかを調べるために月経の周期に合わせ複数項目の検査をすることになります。 精液検査も原則行います。それらの検査結果を見てその方に必要な治療に入ります。
治療の種類は?
大きく分けると タイミング法・人工授精・体外受精 の3ステップです。 軽度の場合や特に原因が見つからない場合はタイミング法を行います。 検査で排卵日を正確に予測し、その日に性交します。妊娠しやすい状況をつくるため、治療薬を使うこともあります。 タイミング法で上手くいかない場合や検査結果に応じて人工授精を行います。 また、必要があれば腹腔鏡手術を行います。

● 人工授精・・・採取した精子を注射器を用いて子宮内に注入します。「人工」といっても実際は自然に近いものです。 受精過程などは自然妊娠と変わりません。痛みもなく短時間で終了します。

● 体外受精・・・体外受精は人工授精でも成功しない場合や不妊の原因により行います。 卵子を一旦体外に取り出し精子と受精させ、数日培養した後に子宮内に戻します。人工授精よりも体に負担はかかりますが、入院の必要はありません。 今や新生児の40人に1人は体外受精で生まれており、決して特別なことではありません。

● 腹腔鏡手術・・・腹部に小さな穴を開け内視鏡でお腹の中を観察します。 必要に応じて処置を行います。卵管の癒着を剥がしたり、通過性を改善させたり子宮内膜症の治療をしたりします。 手術により術後の妊娠率の向上が期待できます。

治療に通えば、すぐ妊娠できますか?
不妊の原因・年齢によって成功率はそれぞれ異なります。 一般的に成功率は人工授精で4~10%、体外受精で20~30%といわれています。 一回で成功する方もいれば何回も治療する方もおられます。この確率は決して低い確率ではありません。 なぜなら自然に妊娠できるカップルが排卵の時期に性交を行い妊娠する確率も約30%だからです。
治療費はどのくらいかかりますか?
人工授精も体外受精も保険が適用されないため自費診療となります。 人工授精は一回あたり2万円程度です。体外受精は一回行うと合計で30~40万円程度かかります。 高額な体外受精については自治体の一部助成もあります。
支払いにクレジットカードは使えますか?
申し訳ありません。クレジットカードはお取り扱いしておりません。現金のみとなります。
不妊治療は検査なども全て自費ですか?
保険で出来る検査・治療は保険診療で行っております。
夫婦揃って来院したほうがいいですか?
初診時の説明に時間をかけておりますので できればご夫婦揃っての方がよいことは間違いありませんが、もちろんお一人での来院でも大丈夫です。
子供を連れて行ってもいいですか?
お子さんを連れて来られるのをお断りはいたしませんが どうぞ他の患者様へのご配慮をお願い致します。
男性はどのような検査を受けるのでしょうか?
精液検査をいたします。
男性のみ1人での初診のケースはありますか?
男性のみの初診は他院からの紹介状をお持ちの方のみとさせていただいております。
不妊症の検査は具体的にどんなことを行うのですか?
子宮卵管造影 プロラクチン検査 排卵経過の観察 性交後検査 黄体機能検査 クラミジア感染症の検査 精液検査 などです。
痛みを伴う検査はありますか?
ネット上などでよく子宮卵管造影は痛いと言われています。 しかし実際の患者様の声を聞くと「そう痛くない」という方の数のほうが「とても痛い」という方の数を圧倒的に上回ります。 この子宮卵管造影検査は大切な検査です。この検査を行った後の妊娠率は上がるということがわかっております。 それだけ重要な検査ですので積極的に勧めている検査です。
将来妊娠できる体なのかが不安なので調べたいのですが。
結婚はまだわからない・・・でも将来子供ができるのか不安を持っている という方からのご相談が増えています。 その人それぞれの状況を見て例えば子宮や卵巣に異常はないか、排卵に問題はないかなどの検査も行っています。一度ご相談ください。
卵子凍結はできますか?
受精卵の凍結はできますが、卵子の凍結はお受けしておりません。
不妊治療を受ける女性は大変だと聞きますが……。
不妊治療の辛いところは結果がはっきり分かることです。妊娠していなかった場合非常に落ち込む人が多くいます。 周囲の理解が得られず悩んでいる人、情報が氾濫しているため必要以上に振り回されている人もいます。 なかなか先が見えにくく、精神的にも肉体的にも大変です。だからこそ医師との信頼関係が大切です。 何か疑問に思ったことや不安に感じていることは遠慮なく医師に相談してください。
  • 予約制ですか?
  • クリニックには男性の医師と女性の医師がいると聞きました。指名できますか?
  • 乳がん検診も受けられますか?
  • 不妊以外の相談もできますか?
  • 特定不妊治療費の助成制度
    は受けられますか?
  • 治療に通えばすぐ妊娠できますか?
  • 治療費はどのくらいかかりますか?
  • 夫婦揃って来院したほうがいいです
    か?

診察をスムーズに進めるためにお願いいたします。

月経周期は必ず診察でお尋ねする大事なことです。日頃から忘れずメモするようにお願いします。基礎体温表をつけている方は診察室入室の時にすぐ医師に見せられるように前もってご用意ください。基礎体温表をつけていない方にも診察時には必ず月経 についてお聞きしますので、ご自分の月経開始日や周期について答えられるようにしておいてください。